平成25年2月17日
丹沢山 (塩水橋〜弁天尾根〜天王寺尾根)

今回はアローンで丹沢山に、山並みスタンプラリーの丹沢山のスタンプを押しにやってきた、この週末、粉骨とギルはアイスクライミングに出かけたのだが、オイラは我慢、どうせ道具を揃える財力が無い今は、たとえ体験アイスクライミングとてカラダに否、精神衛生上良くない!悶々とした日々を送らねばならなくなるなら、ハナから行かない方が身のためなのだ。
そんで、只丹沢山を目指すのではなく、久しぶりに弁天杉ちゃんに会いに行こうと思って、塩水橋から弁天尾根へ。
はじめは雪がなかったが徐々に雪が増えてくる、今日も気持ちのいいスノートレックが期待できそうだ。
ワサビ沢出合→のガードレールから入っていく。

少し登って、ワサビ沢を渡渉、弁天尾根に向かう、見覚えのある鹿柵の扉(常時開きっぱなし)を潜り少し歩くと右に降りる。
5分も歩かないで弁天杉に出会える。

相変わらず立派な木だね、弁天杉詣でを終えて、来た道を戻り、適当なところから弁天尾根に取り付く、あとは忠実に尾根の最上部を登っていけば円山木ノ頭に出るはずだ。
踏み跡は無いのでタマに膝くらいまで潜ってしまう事もあった、見覚えのある2本の巨木(杉とブナ)を超えて、3時間も歩けば円山木ノ頭に飛び出す。
稜線に出るまでは誰にも遭わない静かな尾根歩きだった。
ここまでも快適だったが、より快適な稜線歩き。
雪は更に深くなったが、稜線漫歩はトレースがあるため歩きやすい、大礼ノ頭、瀬戸沢ノ頭を超えて丹沢山到着。
もっとも稜線に出てからも人には2〜3人にしか遭わなかったが。。。

みやま山荘でスタンプ捺印、残すは大山(下社)と伊勢原駅、こりゃ登山じゃないからそのうち通りかかった時に押せばOK!
頂上でおにぎり&カップ麺の昼食。
ポカポカと暖かい日で、のんびりと出来た。

下りは天王寺尾根でも下りてみるかと6本歯の軽アイゼンを着けて歩き出す、相変わらずヒトケはあまりなく、静かな山行だった。

天王寺峠を超えて林道に出てビックリ!
なんと林道が落石で塞がってます。
コレって、たまたま人がいなかったから良かったけど、誰か歩いていたら完全に死ぬよなぁ。。。
確実に死ねる、そんな落石だった、怖いのでとっとと超えていったが、車でもダメだなこれクラスだと、いやぁ怖い怖い。。。


↓ 今回の軌跡は緑の破線 ↓