令和元年 12月14日15日
天狗岳

中央高速から見える八ヶ岳に雪が無い。。。
今シーズン雪山初めの足慣らしにと軽く天狗岳でも登ろうかと思ったのだが。。。
渋の湯ホテルの不愛想なおっさんに一声掛けて、
駐車料金を1泊2日分2千円を払い
駐車してから身支度を整えたら出発、今回のメンバーは勝蔵とギル、
土の上を歩いていく。
一時間半も歩いただろうか、ようやく雪らしき凍った地面になってきたが、
アイゼンを出すまでもなく黒百合平に到着、黒百合ヒュッテで受付を済まし、
強風の中テント設営、まさかの冬山でペグダウンすることになるとは思わなんだ、
当然竹ペグは出番なし、こんなに雪が少ないとは。。。ハッ!水はどうすんだ?
冬は融雪じゃなかったっけ?と小屋に行くと水はもらえました、
これで一安心
ではビールで乾杯、その後日本酒で乾杯、焼酎で乾杯。

翌日、テントはそのままにして東天狗岳へ、
さすがにアイゼンはあった方がよさそうな感じ
中山峠から稜線を歩く、風があるのでバラクラバ装着、
ダラダラ登っていくと東天狗岳に到着
周囲の山々が一望できる、北アルプスはさすがに雪が着いているが、
南アルプスはさほどでもなく
八ヶ岳は秋の山の様な感じ。
今回は雪が無いのでテンションも上がらず西天狗岳には向かわずに下山、
天狗の庭から黒百合平に下りるルートで戻る、途中からミックスになり、
更に雪が無くなってくると途中からオイラのアイゼンが悲鳴を上げだす、
こりゃ可愛そうなのでアイゼンを外し下りる。
テントに到着したらパッキングして出発!
最初だけアイゼン履いていたのだが、直ぐにオイラのアイゼンがまた悲鳴を上げだした、
途中で外しスタコラ歩いていくと渋の湯到着、お疲れ様でした。
年末の雪山はどこにするか、こりゃ考えなければならいなぁ。。。