平成28年9月10日
日原川水系 鷹ノ巣谷

今回は、土曜日しか天気が良くないということで、暑いので沢!
しかしながら、久しぶりの沢なので簡単で行ったことが無い、鷹ノ巣谷にやって来た。
メンバーはギルと勝蔵の二人。
小滝が連続し、水量も多く楽しめる、やはり丹沢とは少し違った渓相だ。
標高差で1,010mあるので、中々長い。
山葵田跡もあちこちに見られ、往事の生活の跡がうかがえる。
特に難しいところはなく、淡々と登っていく。
あまりに淡々と登って行ってもつまらないので、水と戯れたりもする。
大滝18m
ここも登攀自体は簡単なようだが、一応ロープを出すことにした、念のためね。
やはり登攀自体はガバの連続で簡単でした。
二俣を過ぎると水の戸沢と金左小屋窪の二つの沢に名前を変える。
この日は水の戸沢を登ることにした。
ドンドン詰めていく。
途中ようやく水も涸れ、あとはひたすら詰めるだけ、藪漕ぎしなくて済むようにルーファイしながら登っていくと、ようやく登山道に飛び出した。
ノーヤブコギで済みました。
記念撮影し、靴を履きなおしあとは降るだけ。
長いけど、初心者にも、おすすめの楽しい沢でした。
稲村岩ってすごい岩だね、こんなの知らなかった。



 09:50  駐車場出発
 10:30 出合出発 
 11:45 大滝到着 
 12:13 二俣 
 14:35 登山道到着 
 16:50  駐車場到着