平成26年10月11日 12

小川山 廻り目平エリア

今回は小川山に、粉骨、勝蔵、ギルの3人でやってきました。

お久しぶりです、今回は肘の故障で戦線離脱していた勝蔵の復帰第一線というか、
未だリハビリ中で完治してないので、様子見というか、まぁ要するに、家でジッとしているのが
我慢できなくなってしまった訳です。

なので、肘に負担の掛かりそうなパワールートやクラックは避けて手の負担の少ないスラブに
しようと、がまスラブへ。

だめだ、全然登れないすっかり感覚が無くなってて下手くそこの上ない状態、とは言いながらも
登りましたけどね。
5.8でこんなにビビるとはね、隣のはいくらかマシに登れた。

UPを終えたので場所を変えてカッパ5.8 
クラックで肘が大丈夫か確認、粉骨にトップロープを張ってもらって登ってみる、
恐る恐るジャムを決めたけど一応大丈夫だったがあまり無理はせずに登る、
なんとかテンション掛けずに登れた。

その後、ギルが水曜日のシンデレラ5.11aをトライしたいとチャレンジ

苦労しながらも見事MOSに成功!

その後トップロ-プで粉骨が練習、おいらは取り付かずに休憩、調子に乗って色々やって
またぶっ壊したら元も子もないからね、今壊したら今シーズンの冬は諦めるしかないだろう。


その後、また場所を移動しスラブで練習、小川山ショートストーリー5.9は勝蔵MOS 
粉骨、ギルともにFL
高い窓5.10b粉骨MOS ギルFL 暗くなってきたし勝蔵は取り付かず終了

小川山はこの時期になるともう夜は寒い、鍋を突いて酒飲んでとっとと就寝


翌日もスラブ、今度はそらまめスラブへ、やわらかそらまめ5.8UPここでおいらの
ニューシューズを試そうとするも、どうにもまだキツくて右足だけビニール袋を履いてから履いた
のだが途中で脱げそうになっちゃって一旦降りて今までのに履き替えてのトライ、
隣のそらまめ5.9+、これが結構怖い感じで、なかなかビビったね。

UPが終わったので、ロングロングアゴー5.10bを粉骨がMOS、ギルがFL、おいらはここは肘に
来そうなのでパス。


隣の裏ジェットストリーム5.11bを粉骨がトライするもハング超えて少し行ったところでテンション、
ここからは各駅で偵察、結構長いしずーっと被っているのでかなりキツそうだった、
続いてギルがトップロープで取り付くがやはりキツそうにしていた、もちろんおいらは此処もパス。

下に降りてそらまめ下部、生木が倒れたよ5.9をトライするも途中で迷い、迷っているとまたもや
履いてみたニューシューズが痛くてどうしようもなくて下ろしてもらう、粉骨がリードで登っておいらは
トップロープで取り付く、さっきの迷ったところもTRだとすんなり登れるってことは只のチキンだった
証拠、まったくの骨無しチキンだよ。

隣のスラブの逆襲 5.11aをトッップロープで3人とも練習、いやぁ難しいねぇそれでもパワールート
よりは可能性があるようにおいらには思えた、ほんの少しだけね。


その後、隣の課題をTRで粉骨とギルが取り付く、さっきの11aをやった直後だけに簡単に感じると
言っていた、此処はおいらは調子に乗って何本も登って再発したら嫌なのでパス、
今回は肘のせいでスラブばっかつき合わせて申し訳なかったけど、おいらとしては久しぶりすぎて
面白かった。


今後もしばらくは肘の様子を見ながら、登りながら病院通いながらリハビリしながらの
クライミングになるのだろう、でもやっぱ登る行為は面白いね。
 付き合ってくれた二人には感謝感謝なのだ。