平成26年5月3日、4日、5日
小川山 回り目平エリア   

今回はGWと言う事もあって、3連休で小川山にやってきた、メンバーは粉骨、ギル、勝蔵のいつもの3人と粉骨の師匠のDさんの計4人。
道路もそれなりに混んでいたので小川山に着いたのは昼近く。
飯食って、さてどこに取り付くか考えて、粉骨がワイドクラックを練習したいって言うので、屋根岩3峰へ。
パーティーはDさんとギル、粉骨と勝蔵の2パーティーに分かれて登った。
ギルとDさんパーティーは南陵レモンハート(5P)、粉骨&勝蔵パーティーは南陵神奈川ルート(5P)を登ることにした。
まずはDさん&ギル、1ピッチ目は同じルートで2ピッチ目から別れて、終了点で合流するルート。
2ピッチ目の最初がトラバースで結構しびれるトラバースだったらしい、しかもその後の3ピッチ目のOWが結構悪いらしく、たまらずギルはA0で登ったそうな。
オイラ達は2ピッチ目はなんだか体が半分左に持ってかれそうなチョット悪いところを登り、3ピッチ目はチムニー、4ピッチ目から合流し最終ピッチへ。

前回登ったセレクションも見えております、あんなところを登ったんだなぁと感慨ひとしお。
で、無事に終了点まで登って、2ピッチの懸垂下降で下りる。
その後、近場に有ったJMCCルート 5.9 30mを登る、これがまた中々に登り応えのある5.9で非常に面白かった。
DさんMOS、ほか3人FL
夜は宴会して、疲れ果てた人や、呑みすぎた人から撃沈していくパターンで終了。
いやぁ半日だけなのに結構登り応えのある一日だった。
翌日もワイドの練習って事で、八幡大滝右壁にある「サヨナラ百恵ちゃんルート」5.9(3ピッチ)にやってきた。
ココがワイドの難しさ、5.9ともなるとやっぱ難しい、今日も2パーティーに分かれての登攀、まずはDさん&ギル、流石の登攀で難なくクリア、続くギルもなんとかノーテンでクリア、続く粉骨&勝蔵は1ピッチ目最後のところで勝蔵がフォール、続く2ピッチはとにかく悪い、これで5.9って感じのワイドでどうにも登れずA0で登りました。
3ピッチ目で今度は粉骨がロープアップしたロープが岩に挟まり途中でロープがあげられない事態になり、オイラがシャントを使って登っていき途中でロープが挟まっているのを引っこ抜き、さて登ろうかとしたら今度は、下に弛んだロープが岩に挟まるという事態に、しょうがないから少しクライムダウンし、引っ掛かりをはずしてロープアップしてもらい登り直すという貴重な体験も出来た。
この一連の作業でオイラはシャントを買って本当に良かったと再認識したのであった。
3ピッチ目のスタートではギルがカムでセルフを取っていたのだが、掛けなおして確り掛かってないカムを掴んでしまいフォールするという、貴重な体験もしていた。
土をかぶった最終ピッチを終えて、大滝からの懸垂下降。
なんつうのかな?
これはフリークライミングというよりもアルパインだね、百恵ちゃんルートは。。。
結構時間が掛かって、登攀開始は9時頃で、降りてきたのは2時半、5時間半も悪戦苦闘し最後に懸垂下降で水をかぶる。
うーんアルパインだぁ
着込んでレーションを食べたら、百恵ちゃんの隣にあるワイドクラック「風花ルート」5.8を登ることになった。
勝蔵さんやる?の問いにやらない!と即答、んじゃぁTR掛けるよとDさんが登っていく、TRを掛けて貰ったらやるしかない、まずはギル。
1テンしたが登っていき最後のハングに体が挟まり身動きとれず(笑)
完全に挟まって、そのままお茶が飲めるほどの納まり感だったという、レストしたら体の向きを変えて見事トップアウト。
続いて勝蔵、ココはオイラはジャミングというよりは、粗レイバックで登っていき最後のハングは体の大きさで完全には挟まらず、割とすんなり体の向きを変えられたので想像していたよりは登れたが、ココをリードで行けと言われたら、たぶんまだ出来ないだろうなぁ。。。
粉骨はレイバックが嫌いなのでハンドジャムを効かせながらジワジワと登っていくが途中疲れて1T
しかしその後は流石に上手に登っていき、トップアウト後、回収して懸垂下降。
時間も時間なので今日はココまで、後はNANASで買出しし宴会突入!
今日も楽しい一日でした、百恵ちゃんには散々な目にあったけどね、グレード一つでやはり違うもんだねぇー。
翌日は、早めに切り上げようと近場の岩場に。
オイラの宿題になってるジョイフルジャム5.8を落としに行くにのだ。
はじめに粉骨にTR掛けてもらい、一回登ってみてからのトライ。
無事にRPできました、粉骨師匠よりもカムは一個多く使ったけど、無事に登れてよかった。
その後は粉骨とギルの宿題、森の緑にかこまれて5.11bを二人が練習、Dさんは下にある「ナツコのナッツ」5.11aに取り付く。
雨が降り出したので途中で切り上げて終了、後は風呂入って帰るだけ、高速道路が大渋滞だったので、すべて下道で帰ってきた。
中々充実した3日間だった。