平成25年7月20日
玄倉川水系小川谷廊下

はい、今回は丹沢の玄倉川水系小川谷廊下、メンバーは勝蔵、ギル、まこっちゃんの3人
暑くなるだろうと踏んでやってきたのだが、気温は上がらず曇り空のまま、丹沢湖はカラッポでこりゃ流石の小川谷も水量が減っているだろうなぁと思いながら、ユーシンに行く林道のゲート近くの駐車場に停めて、閉鎖されている林道をひた歩く。
穴ノ平橋の下から入渓、堰堤を数個下って小川谷廊下の出合を左に、ここから小川谷廊下の遡行が始まる、F1は左岸を登る、倒木の無くなったF2は残置シュリンゲが増えていて、ソレを利用すれば簡単に超えられるようになっていた、チョットやりすぎかもしれないな。

この沢はいつ来ても明るくて気持ちの良い、気温は上がらないが適度に濡れながら登っていく、ワナバ沢を過ぎてから少し登って右に高巻き、懸垂下降、此処でオイラが先週紛失してしまった30mパワーロープの替わりに、普段マルチピッチで使っている8.5mm×50mを登場させるのだが、やはり長すぎて使いづらいし、泥で汚れるからやっぱ30mのパワーロープ買う事にしよう、まったく予想外の出費だぜ、自分が悪いんだけど。

懸垂下降して少し行くと大岩に出る、この大岩も駆け上がる楽しさも無く、ロープがテッペンから岩の下まで垂れている状態、まぁ使わなけりゃ良いんだけど、有れば使ってしまうのが人情。。。

石棚のゴルジュも水量が少ない為、簡単に突破できる、もう少し水量があると面白いんだけどなぁ。。。
石棚は直登せずに左にある岩塔を登る、ロープ出してって言うのでオイラがフリーで登り上からロープを出してまこっちゃんが登ってくる、ギルはそのまま登るのかと思ったらロープ出せって?
じゃぁ出しますって感じでギルも登って来た。
河原に下りて再び遡行、此処からも適度に色々遡行興味が尽きないポイントが点在する。
小デッチ沢、大デッチ沢を過ぎるといよいよフィナーレのトイ状8mの滝、此処は左岸を登っていくのだが途中からホールドが悪く難しい、草鞋がボロボロになったギルが、どうせボロボロで登れないので巻いて上からロープ出しますって言うので、そうしてもらうことにしてまこっちゃんがトップロープでトライ、やはり上部がいやらしいらしく、最後はお助け紐でクリア、どれとオイラも取り付いてみたが、やはり上部がいやらしく、トップロープの安心感がなかったら登れてないかも知れないな。
その後、格好良い壊れた堰堤を潜って遡行終了、河原で昼飯を食い、中ノ沢経路を辿って穴ノ平橋へ約一時間、この中ノ沢経路は崩落箇所も多いので慎重に歩かなければならない。
穴ノ平橋から40分ほどで車に到着、お疲れ様でした。

今回はピンクの軌跡  
駐車場 07:30
穴ノ平橋 08:30
小川谷廊下出合 08:54
F1 09:00
大岩 10:00
石棚のゴルジュ 10:17
樋状の滝 11:12
壊れた堰堤 11:30
穴ノ平橋 13:00
駐車場 13:50