平成20年12月20日
忘年会山行 丹沢 大山

秦野駅発8:55のバスに乗り向かう先はヤビツ峠(矢櫃峠)、バスに揺られること約50分でヤビツ峠に到着、今回忘年会山行に参加メンバーは、塾長ケン、塾生ましらの勝蔵、ポチャン、ヲカダ、顧問のやまぶしの計5名。
宴会用の食材を各ザックに振り分けたら出発!ケン、やまぶし、ヲカダ、ポチャン、勝蔵の順でイタツミ尾根を登り始める。
こうして平成20年、下山塾忘年会は始まったのであった。
歩き始め10分で早くもポチャンが遅れ始める、日ごろの運動不足の賜物だろう、皆先に行ってしまった。
まぁ先に行っちゃったって言っても途中で待っててくれるんだけどね。
ザックと身体が重そうだ、聞けばザックには宴会で飲むための梅酒1リットルが入ってるらしい、コラコラ全部飲めんのか?
途中、イタツミ尾根と表参道分岐で一本入れる、しかしもう此処まで来ると山頂まで10分位で着いちゃうんだよねぇ。
天気は最高!風は結構あるが、お陰で富士山も綺麗に見えた。
5分ほど休憩し出発15分位で頂上に着いた。
頂上のご神木の阿夫利の樹のところで記念撮影、風が強いので寒いなぁ。
風避けになるような場所で宴会開始!
先ずは塾長持参のスパークリングワインのコルクを抜いて乾杯!
飲みながら、下山塾の顧問でもあり総料理長でもある、やまぶしが前夜から仕込んでおいてくれた、特製豚チゲを作り出す。
待っている間に乾き物&酒で身体を温める、色々な酒がそろったもんだね、日本酒、麦焼酎、梅酒、ビール、スパークリングワイン、スミノフアイス等々
出来たぁ!美味そうな豚チゲじゃありませんか!
美味い、美味い!美味いぞぉー!

おそらく今日大山で最も美味い食事をしたグループは、我々下山塾に間違いないだろう、だってマジで美味いんだぜぇ。
鍋が空になったら、2度目のチゲ、2度目のチゲも食い終わったら〆にはオジヤ。
ご馳走様でした、美味しかったよん。
気が付けばもう「すっかり夕方なのだ、なんだかんだと3時間半にも及ぶ頂上での宴会は充実したものだった。
来年もまたヨロシクお願いいたします。

帰りは、表参道をひたすら降りることにした、もちろんケーブルカーなんぞ使わない、但し酔っているので慎重に降りていく。

途中、大山の天狗がハナでアナをあけたって言う岩やら、女坂七不思議なるものを通りながらゆっくり降りていく、途中の絶景ポイントから富士をパチリ

左は夫婦杉
上は新しく建てたと思われるピカピカの銅色の屋根もまぶしい社、数年もすれば緑青で他の屋根と変わらなくなるんだろうなぁ。
大山ケーブルカー駅からはかな中バスで伊勢原に。
お疲れ様でした。
ヤビツ峠発 10:05
表参道分岐 10:45
大山頂上 11:00
宴会開始 11:10
宴会終了 14:35
下社 15:50
バス停 16:45