平成20年8月2日
大滝沢本流  別名(鬼石沢)

チィース、今日は一人ぼっちで西丹沢の中川川水系大滝沢本流、別名(鬼石沢)に行って来やした。
遅く家を出たので、大滝橋に着いたのが11時、今日はバイクでやって来たので駐車スペースに困ることは無いのだが、此処は林道を入っていけば車でも数台置けるので大丈夫そうだ。
此処のゲートが開いているので車できた方はどんどん中まで入っていって適当な場所に停めれば問題なさそうでした。
さてここから1時間程林道歩きをしなくてはならない。
アレレ、20人位の団体さんが先に歩いてまんがなぁ、いやぁこりゃおそくなりそうだなぁ、ガチャガチャいわせてるから雨棚でもやっつけに来たのかもしれないなぁ、などと思っていたらどうやらマスキ嵐沢に入るパーティーらしくほっと一安心。
1時間程歩くと一軒屋避難小屋があるのでそこを右に行き入渓。
雨棚はどうせやらないので見にも行かなかったが、いく場合は小屋より手前(10分位か)の大岩のそばの踏み跡を降りると雨棚に出れる。
小屋から5分程で二俣があるので本流は左に行く、少しいくと10mの滝、これは直登可能とあるので、当然直登!
ナメ滝を越えると、今度は上部が樋状になったきれいな20mの滝が現れるのだが、直登は出来ないとガイドブックには書いてある、あっそう、やってやれない事はなさそうだけど、出来ないってわざわざ書く位だから難しいのだろう、素直に巻く、右側の巻き道が良く踏まれていると書いてあるが、どうにも見つからないので左から巻く。
樋状の滝は上から見るとこんな感じ。


二俣を右に行き無粋な堰堤を越えると、きれいなナメ滝が続く。
ナメを超えていくと5mCS、此処は右から行くと書いてあるが行けそうなのでそのまま直登。
大岩の乗っかった堰堤を越えるとナメ滝&小滝が続く。
奥の二俣は右に入り、さらに奥の二俣も右に入り、最後の三俣は左に行くと大したつめも無くすぐに登山道に出れた、ほとんどツメって感じがしない、大変楽なツメでした、後はこの東海自然歩道を下るのみ、看板も出てるので間違えることもないし楽に降りられる、この下山道は途中でステタロー沢に出るので、道に平行に流れているこの沢を歩いて降りるのも暑くなくて良いと思う。
ステタロー沢と大滝沢本流の出合が一軒屋避難小屋なのでここからは普通の登山道を歩いて降りる。
はい到着、この大滝沢本流は明るい渓相で綺麗なお勧めの沢です。
11:05 大滝橋出発
12:05 一軒屋非難小屋
12:12 最初の滝
12:16 上部樋状の滝
13:00 5mCS滝
13:10 大岩の乗った堰堤
13:50 登山道に出る
14:30 ステタロー沢
14:50 一軒屋避難小屋
15:30 大滝橋到着