平成十一年一月十七日
仏果山(747,1m)

日帰り、天候は快晴、塾長と俺の二人組



 今回の登山は、新年会登山という事で、いわゆる登山というよりハイキングです。
今回の趣旨はひたすらチゲ鍋を肴に日本酒を飲みまくるのが目的なのだ。

 今年はノストラダムスとかいうペテン師曰く人類最後の年なのだそうだ、
さて、登山口から十五分ほど歩いた辺りで早くも休憩、やる気の無さが思いっきり
出てしまう、今日はポカポカと暖かく上着を脱ぐ、土山峠の先に相模湾と江ノ島が
見えた。

 宮が瀬越を左に行って、高取山(705m)を先に片付ける、
塔の岳や丹沢山、奥多摩の山々、更には奥秩父の山々を観ながら仏果山を目指す、
山頂は天気も良いせいか冬のハイキング客で結構賑わっている。

 二時間半にも及ぶランチタイム!チゲ鍋(肉、韮、豆腐、キムチ)と餅、
日本酒で腹を満たす、俺はほろ酔い、塾長はヘベレケ、お互いに二回づつ
立小便をする、山頂はチゲ鍋の匂いで満たされ後から来たハイカーは
さぞかし嫌だろうなぁと思いながら、とうとう鍋も酒も空にした。

 そろそろ陽も傾く頃下山する、先を歩く塾長は酔ったのか三回ほど
スッ転んだ、下山途中数発の銃声と猟犬の鳴き声を耳にする、
更に登山道で在るにも関わらずハンターの姿を見た、しかも銃は抜身だ、
あまり気持ちの良い物ではない、一月いっぱいは猟期とは言え、猟銃を
抜身で登山道に入るのは違反なのだ、最近ハンターのマナーの悪さが
目に付く今日この頃、なんか嫌な気分で山を降りた。

地点名

時間

登山口

9:10発

宮が瀬越

10:10着→10:20発

高取山

10:30着→11:00発

仏果山

11:30着→14:10発

登山口

15:00着

登山後記

たまには、こんないい加減な山登りがあっても良いと思った。